超級機器人大戰GC

スーパーロボット大戦GC

原創機體

  • ソウルガンナー

    ソウルガンナー

    • 高度: 17.7 m
    • 重量: 68 t
    • リアル系前期主人公機。開発途上のソウルランサーを元に、最上重工が開発した副座式の制空戦闘用MW。主動力にC.U.B.E.エンジンではなくCISエンジンを採用している。元々は可変機構を持った機体として設計されていたものの、オミットされている。高い機動性・運動性を誇り飛行可能なため汎用性は高いが、武装のエネルギー消費が多いのが難点。
  • ソウルランサー

    ソウルランサー

    • 高度: 不明
    • 重量: 不明
    • リアル系後期主人公機。ソウルガンナーのプロトタイプで、フェアリがガディソードから持ち出した機体。本来はガディソードの主力機であるCISバリエーションの先行機で開発途上だったが、ソウルガンナーのデータをフィードバックすることで完成した。C.U.B.E.エンジン(X.E.N.O.N.ドライブ)を搭載し、高機動と高火力を実現した突撃・強襲用MW。F(フライト)形態に変形可能。
  • ソウルセイバー

    ソウルセイバー

    • 高度: 19.8 m
    • 重量: 55.2 t
    • GC/XO……スーパー系前期主人公機。フェアリがガディソードから持ち出した開発途上のC.U.B.E.(X.E.N.O.N)エンジンを搭載し、最上重工が開発した副座式の大型MW。元々ソウルセイバーは巨大な出力を制御するため2機の機体が変形・合体する予定だったが、最上重工の技術では実現できず、妥協案として「ブロックパーツ構想」を採用。これは上半身・下半身のパーツを入れ替えることによって格闘戦・砲撃戦に両対応することが狙いだったが、結果として開発効率も向上した。動力源であるC.U.B.E.(X.E.N.O.N)エンジンに不明な点が多かったため、あえてリミッターがかけられており本来の性能は引き出せていない。なお、頭部は小型戦闘機「ヘッドセイバー」となっており脱出艇の役割も兼ねている。
  • スーパーソウルセイバー

    スーパーソウルセイバー

    • 高度: 48 m
    • 重量: 300 t
    • GC/XO……スーパー系後期主人公機。ソウルセイバーにセイバーブースターを装着したことでC.U.B.E.エンジン(X.E.N.O.N.ドライブ)の性能をフルに引き出せるようになった。なお、セイバーブースターはヘッドセイバー単体と合体することも可能(ヘッドセイバーブースター)。

相關影片